中華ログ

中国駐在中アラサラリーマン夫婦の雑記ブログ

絶対食べるべき!中国10大ラーメン(中国十大面条)のご紹介①

こんにちは。かえでです。

 

今回は、中国の10大麺のご紹介です。

日本のうどん、そば、らーめん、そうめんも美味しいですが、中国の麺は種類が豊富で食べ飽きません。中でも、中国10大麺は是非一度ご賞味頂くことをお勧めします。全て制覇するころには、絶対に好きな味に出会えているはずです。

 

中国の10大麺とは?

中国十大面条は2013年に中国商務部、中国飯店協会等の開催したフェアで選定されました。参加企業は3,000社、大きな選定会ですね。

なお紹介する麺は小吃(軽食、おやつ)に分類されているものもあります。

それでは、順番に紹介しましょう!

 

武汉热干面

 

f:id:sengupta:20180411143629j:plain

 

漢族特有の料理で、五大麺にも選ばれている一品。麺は黄色っぽくコシがあり、ごま油、ごまダレ、ラー油などをかけて食べます。中国のコンビニでも販売されているので、チャレンジしやすいですね。

北京炸酱面

 

f:id:sengupta:20180411143705j:plain

 

 北京、天津で流行している麺料理。写真のように麺と具材がばらばらに提供されることが多く、千切り野菜(きゅうり、もやし、だいこんなど)とタレをからめて食べます。タレは肉の細切れ、ネギ、生姜などに味噌ダレか甘ダレ(甜面酱)を絡めた濃厚な味。日本でもジャージャー麺として一般的ですが、北京のほうが味が濃く、塩気も強い気がします。観光ついでにぜひ♥

 

山西刀削面

f:id:sengupta:20180411143643j:plain

 

 こちらも日本における知名度が高い麺ですね。中国北部の料理。麺は小麦粉を丸く成形し、包丁で一片一片鍋に削ぎ落としてゆでたもの。臊子(サオズ)と呼ばれるタレ(肉のみじん切りを油で炒めて、醤油などを加えたもの)をかけて食べる。刀削麺のなかでも山西省が一番だそうです。

昔、横浜中華街で刀削麺の店へ行ったときのこと。具材のチンゲン菜から生きたあおむしが数匹ひょいっと出てきて、ヒイ~~ :cry: !!!店員さんに伝えると「無農薬ダカラ虫イキテル!タベレルネ!」って言うんです。もちろん私は気持ち悪くて食べれず。一緒に行った男の子は辛さで大汗かきながら食べ続け、眼鏡をラーメンの中に落とすという。今では笑い話の出来事がありました。

 

兰州拉面

 

 

f:id:sengupta:20180411143622j:plain

甘粛省蘭州市(兰州)発祥の料理。チェーン展開している店もあり、各地で目にしますが、兰州拉面の五大基準は透き通ったスープ、大根の白、唐辛子の赤、パクチーかにんにくの芽の緑、麺の黄色があるものとされています。写真はラー油で赤いですが、普通は入っていないので辛くないです。私はいつもパクチー抜きなので、スープに大根だけの殺風景なラーメンになります・・・

四川担担面

成都の有名な小吃。細麺に塩気のある辛いタレやスープをからめて食べる。

日本で見る坦々面って、こんな感じが一般的ですよね?

f:id:sengupta:20180416154927g:plain

味の素さんのHPにレシピが載っています↓↓

旅行で成都へ行ったときのこと。本場の坦々面に期待大♥わくわく♥そして提供されたのがこちら。

f:id:sengupta:20180411143458j:plain

えーっ赤いだけなの?思ってたのと違う :-( ってショックが隠せません。肝心な味は美味しかったですが、私のイメージしていたのは日本式アレンジなんですね。上海で食べた坦々麺は日本に近かったので、各地にいろいろなバリエーションがあるようです。

長くなりましたので、続きはその②でご紹介します!